ホントに効く女性育毛剤はどっち? 飲む育毛剤vs.塗る育毛剤

絶対に薄毛を治したい! 最も育毛効果の高い女性育毛剤を探そう

15秒診断! あなたに合うのはどっち?START
【診断結果】あなたに合うのは飲む育毛剤です。 【診断結果】あなたに合うのは塗る育毛剤です。

レシチン

頭皮の過剰な皮脂は育毛の敵と言われていますが、皮脂の働きを抑える働きで注目されるのがレシチンです。

育毛に効果があるのは大豆レシチンです

レシチンは、リン脂質を含む脂質製品全般のことをいいます。

レシチンは原料によって分けられ、卵黄を原料とする卵黄レシチンと大豆を原料とする大豆レシチンの2種類があります。それぞれ原料が違っているため、効果や作用も異なっていて、育毛効果が期待できる成分・物質といわれているのは主に大豆レシチンの方です。

このレシチンは血液中で働くので、摂取量が少なくなると頭皮の血行も悪くなり、抜け毛の原因となることもあります。

また、レシチンは、細胞生成にも影響を与えるので、不足すると毛母細胞にも悪い影響を与え、発毛の働きが悪くなります。

育毛以外の面でも、レシチンが不足すると、体が疲れたり、風邪をひきやすくなったり、血流が悪くなって動脈硬化が起こるケースもあります。

レシチンは、育毛の観点から考えても、健康面でも必要で大切な成分なのです。

過剰な皮脂を抑えて頭皮環境を改善するレシチン

レシチンの育毛への効果を、もう少し詳しくご説明します。

レシチンには、コレステロール、中性脂肪、脂肪酸に作用して、これらを代謝&排出させる作用があります。

育毛の敵のひとつに、頭皮の「過剰な皮脂」があります。薄毛で悩んでいる多くの方の頭を良く見ると、皮脂で頭皮が光っていることがあります。

レシチンには細胞の代謝を加速させる作用があるため、育毛に有害な脂質を抑える過剰な皮脂を解消する効果も期待できるのです。

また、レシチンには、血中の中性脂肪や血管内に付着したコレステロール溶かす乳化作用も認められていて、血液をサラサラにして血液の流れをスムーズにしてくれるといった特徴もあります。

これらの作用から、体内はもちろん頭皮にも栄養が行き渡りやすくなり、毛母細胞が活性化されて、結果的に頭髪に良い育毛効果が得られるのです。

レシチンはどんな食品に含まれているの?!

そんな薄毛対策に優秀な成分、レシチンは一体どんな食品に含まれているのでしょう。

レシチンは原料に応じて大豆レシチン卵黄レシチンに分けられますが、育毛に効果が高い大豆由来のレシチンを最も多く含む食材は、やはり大豆と大豆を使った加工食品です。

レシチンを食品から摂取したい場合は、大豆で作られた豆腐・納豆・枝豆・きな粉などの食品を食べればOKです。

また、レシチンは卵黄にも多く含まれていますが、卵黄に含まれるレシチンは熱に弱いという特性があります。そのため、卵かけご飯を食べるなど、生卵として摂取した方が良いでしょう。

レシチンが含まれているのは、意外とどれも身近な食材ばかりですよね。

最近では、このレシチンの優秀な効果が認めらて、レシチンを含む育毛サプリや育毛シャンプー、育毛コンディショナーなども多く販売されています。

手軽にレシチンを補給したいという方は、これらの食品を摂るとともに、レシチンを含んだ育毛サプリを服用することもおすすめですよ!

 

飲む女性育毛剤おすすめベスト3
1位
飲む女性育毛剤No.1ヘアドルーチェ

No.1 ヘアドルーチェ

アガリクスの力で、年齢と共に減ってしまう「若さホルモン」IGF-1を増やして、体の内側から育毛とアンチエイジングを実現します。

ヘアドルーチェの公式HPを見る 2位
飲む女性育毛剤No.2ダブルインパクト

No.2 ダブルインパクト

カプサイシンとイソフラボンの同時摂取によって、IGF-1を増やして育毛を促進します。

ダブルインパクトの公式HPを見る 3位
飲む女性育毛剤No.3Hatto

No.3 Hatto

新成分MSMの力で育毛を促します。

Hattoの公式HPを見る
サイトマップ