ホントに効く女性育毛剤はどっち? 飲む育毛剤vs.塗る育毛剤

絶対に薄毛を治したい! 最も育毛効果の高い女性育毛剤を探そう

15秒診断! あなたに合うのはどっち?START
【診断結果】あなたに合うのは飲む育毛剤です。 【診断結果】あなたに合うのは塗る育毛剤です。

ビオチン

髪や爪の組織の健康維持に欠かせない成分ビオチンについて、簡単にまとめてみました。

ビオチンが育毛に効果的な理由って?

ビオチンは、毛細血管に働きかけて髪を太くする優れた働きがあるビタミン成分です。ビオチンはコラーゲン生成をする働きもあるので、コシとツヤのある太くて丈夫な髪の毛を作るためには欠かせません。

一方で、ビオチンが不足すると、皮膚と髪の毛を作るのに必要なアミノ酸の代謝が阻害されてしまうので、脂漏性皮膚炎やアトピーなどの皮膚炎にかかりやすくなります。

ビオチン不足で皮膚トラブルが起こり、頭皮環境が悪くなると、もちろん髪の毛のトラブルも発生しやすくなってしまいます。白髪や抜け毛、細毛、切れ毛などの毛髪トラブルの中には、ビオチン不足が原因となっているものもあります。

ビオチンは、ストレスや不規則な生活、食生活の乱れなどが続くと、腸内で悪玉菌が発生してビオチンの合成が阻害されてしまうと言われます。不規則な生活を送っている自覚がある方は、意識的にビオチン摂取を心がけるようにしましょう。

穀物のキビから取れる天然の育毛成分

飲む育毛剤に含まれているビオチンとは一体どんな成分なのでしょう。ビオチンは、穀物のキビから取れる天然成分で、タンパク質、糖質、脂質といった三大栄養素の代謝に深く関わっている水溶性ビタミンの一種であり、別名ビタミンH、補酵素Rとも呼ばれます。

ビオチンは、髪や皮膚、爪の組織の健康維持に役立つと言われ、ヨーロッパでは古くから育毛剤として親しまれてきた成分でもあります。

ビオチンのおもな効果は、糖質・脂質・アミノ酸の代謝やエネルギー生産を助けることです。また、筋肉痛を緩和する、皮膚の健康を保つなどの働きがあると言われ、皮膚の炎症を抑えたり、コラーゲンの生成に関わって美肌を保ってくれる効能もあります。コラーゲンは育毛にも欠かせない成分なので、生成を助けるためにもビオチンを積極的に摂りたいですね!

ビオチンはどんな食品に含まれている?

ビオチンが多く含まれている食材としては、玄米、レバー、卵黄、大豆、緑黄色野菜、くるみ、レバー、牡蠣、きなこなどが挙げられます。ビオチンの1日当たりの所要量(18~69歳の所要量の平均値)は、男性が50μg、女性が50μgです。食品に換算すると、くるみの場合は約120g、牛レバーでは約45g、牡蠣を6個~7個程度食べれば、一日の理想摂取量をクリアできるのだそうです。

しかし、食品でこれらの量を毎日摂取し続けるのが難しいという人は、ぜひビオチン入りの育毛サプリを利用するようにしましょう。ビオチンを欠かさず摂ることで、毛根が活性化して、発毛力が向上し、髪質自体も改善することができますよ

飲む女性育毛剤おすすめベスト3
1位
飲む女性育毛剤No.1ヘアドルーチェ

No.1 ヘアドルーチェ

アガリクスの力で、年齢と共に減ってしまう「若さホルモン」IGF-1を増やして、体の内側から育毛とアンチエイジングを実現します。

ヘアドルーチェの公式HPを見る 2位
飲む女性育毛剤No.2ダブルインパクト

No.2 ダブルインパクト

カプサイシンとイソフラボンの同時摂取によって、IGF-1を増やして育毛を促進します。

ダブルインパクトの公式HPを見る 3位
飲む女性育毛剤No.3Hatto

No.3 Hatto

新成分MSMの力で育毛を促します。

Hattoの公式HPを見る
サイトマップ