ホントに効く女性育毛剤はどっち? 飲む育毛剤vs.塗る育毛剤

絶対に薄毛を治したい! 最も育毛効果の高い女性育毛剤を探そう

15秒診断! あなたに合うのはどっち?START
【診断結果】あなたに合うのは飲む育毛剤です。 【診断結果】あなたに合うのは塗る育毛剤です。

更年期

女性は、閉経の前後5年ほど、およそ45歳から55歳にかけて、更年期と呼ばれる期間を経験します。

更年期における心身の変化には様々ありますが、ここでは、変化のひとつである「薄毛・抜け毛」について見てみましょう。

更年期に抜け毛・薄毛が生じる原因

女性ホルモンのひとつである「エストロゲン」。35歳から40歳くらいになると徐々に減少し始め、50歳前後に閉経を迎えると、急激に分泌量が減ります。

これまで分泌されてきたエストロゲンが、急激に減ることで、体が急激な変化についていけないことが。これが原因で生じる心身の様々な不調のことを、更年期障害と言います。

エストロゲンは毛髪の成長にも影響を与える物質なので、更年期と抜け毛・薄毛の時期が重なるのも理に適っているでしょう。

更年期障害による抜け毛・薄毛への対処法

更年期障害の原因は、女性ホルモンであるエストロゲンの減少や消滅。エストロゲンが毛髪の成長に影響を与えているということは、更年期における抜け毛・薄毛を防ぐ鍵は、エストロゲンの減少に抵抗をすることです。

また、エストロゲン以外の薄毛の原因にも対処することで、更年期の薄毛の進行はかなり遅らせることができると言えそうです。

具体的には、以下の4つを意識してみましょう。

大豆製品を多めに摂取する

大豆製品には、イソフラボンという物質が含まれています。このイソフラボンは、体内でエストロゲンと似たような働きをすることで知られています。

自然に分泌されるエストロゲンが減少してしまうのならば、意識的に外部から似たような物質を摂取することで、エストロゲンの減少に抵抗しようという試みです。

食生活を見直す

暴飲暴食は、血行不良や皮脂の過剰分泌を促し、薄毛の大きな原因となるので控えましょう。

また、味付けの濃いものはなるべく避けたいところ。素材の味を活かした、あっさりしたものの方が、血流の正常な循環を促し、薄毛の進行を遅らせます。

紫外線から頭皮を守る

紫外線は薄毛に大きな影響を与えると言われています。外出する際、とくに日差しの強い日に外へ出るときは、帽子や日傘を利用するなどして、直接紫外線を頭皮にあてないよう工夫しましょう。

ストレスをため込まない

ストレスがたまると、無意識に体中の筋肉がこわばります。筋肉が固くなることによって血管が圧迫され、その結果血行不良に。血液の循環が悪くなると、毛髪の成長に必要な栄養素や酸素が、頭皮まで届けられません。

現代社会において、ストレスをためないというのは困難ですが、たまったストレスの解消法を考えましょう。スポーツ、映画鑑賞、お酒、温泉など、ゆっくりリフレッシュできる時間を確保することも大切です。

飲む女性育毛剤おすすめベスト3
1位
飲む女性育毛剤No.1ヘアドルーチェ

No.1 ヘアドルーチェ

アガリクスの力で、年齢と共に減ってしまう「若さホルモン」IGF-1を増やして、体の内側から育毛とアンチエイジングを実現します。

ヘアドルーチェの公式HPを見る 2位
飲む女性育毛剤No.2ダブルインパクト

No.2 ダブルインパクト

カプサイシンとイソフラボンの同時摂取によって、IGF-1を増やして育毛を促進します。

ダブルインパクトの公式HPを見る 3位
飲む女性育毛剤No.3Hatto

No.3 Hatto

新成分MSMの力で育毛を促します。

Hattoの公式HPを見る
サイトマップ