ホントに効く女性育毛剤はどっち? 飲む育毛剤vs.塗る育毛剤

絶対に薄毛を治したい! 最も育毛効果の高い女性育毛剤を探そう

15秒診断! あなたに合うのはどっち?START
【診断結果】あなたに合うのは飲む育毛剤です。 【診断結果】あなたに合うのは塗る育毛剤です。

帽子をかぶると薄毛を招く?

帽子をかぶると薄毛になると言われることがあります。一方で、薄毛を防ぐためには帽子をかぶるのが有効との評判も。真逆なこれらの説を検証します。

帽子をかぶると薄毛になる?

帽子をかぶると薄毛になるという説は事実です。ただ厳密に言えば、正しい帽子のかぶり方をしないと薄毛を招く危険性があるということを意味しています。

帽子が薄毛の原因になるのは通気性の悪さが原因。通気性が悪くなって頭皮に熱がこもり、皮脂や汗、フケなどが湿ってまじり、毛穴に詰まってしまうからです。

こういった状態がときどきであれば特に気にする必要はありませんが、習慣的になってしまうと、毛穴に詰まった汚れが髪の成長を妨げて抜け毛、薄毛へと進んでしまいます。

帽子をかぶると薄毛を防げる?

一方で、 帽子をかぶると薄毛を防ぐことができるという説もあります。これも、ある側面から考えれば正しいと言えるでしょう。

ある側面とは、紫外線の影響です。紫外線はよく知られている通り、人体にとってマイナスに働くことが多いもの。シミの原因として知られますが、シミ以外にも皮膚ガンなど様々な影響を人体に与えます。

もちろん毛髪、頭皮に同じように悪影響を与えていると考えられます。

これを防ぐ方法のひとつが帽子です。特に夏場などの紫外線が強い時期は、直接頭皮や紙に紫外線を当てないよう、帽子をかぶったり日傘をさしたりすることは、薄毛予防の観点から有効でしょう。

薄毛にならないための正しい帽子のかぶり方

帽子を着用する際には、以下の4点に注意しましょう。

風通しをよくして頭皮の蒸れを防ぐ

長時間帽子をかぶる際には、最低でも1時間に1回は帽子をはずし、頭皮や髪に風を通しましょう。特に夏は帽子の中が蒸れやすくなりますので、いつもより頻繁に帽子をとることをお勧めします。

また、かならずしも帽子が必要ではない日陰や屋内では、なるべくとったほうが良いでしょう。

頭皮ケアを怠りなく

帽子をかぶった日は、いつもよりもしっかりと頭を洗浄するようにしましょう。

頭皮に皮脂やフケ、雑菌などが、普段よりも余分に付いている可能性が高いです。残ったままだと、皮脂をエサにして雑菌が繁殖していまい、ひいては薄毛の原因となります。

なお、女性の場合、男性に比べて髪が長いため、ともすると頭皮よりも髪の毛を洗うほうに熱心になってしまう方もいますが、髪の毛自体よりも、むしろ頭皮をしっかり洗うことが大切です。

サイズの小さい帽子をかぶらない

帽子がきついと、頭皮の血行が悪くなり薄毛の原因となります。毛髪の成長には、血液によって運ばれる栄養素が必要。

頭皮を締め付けるように帽子をかぶることは、薄毛の原因にもなってしまうので注意しましょう。

直射日光の強い日は帽子をかぶる

頭皮や髪に紫外線をあてることは良くありません。帽子でなくても良いのですが、紫外線を頭にあてない工夫をして外出しましょう。

帽子をかぶるなら、蒸れないように注意し、当日は頭皮ケアを怠らないように。

飲む女性育毛剤おすすめベスト3
1位
飲む女性育毛剤No.1ヘアドルーチェ

No.1 ヘアドルーチェ

アガリクスの力で、年齢と共に減ってしまう「若さホルモン」IGF-1を増やして、体の内側から育毛とアンチエイジングを実現します。

ヘアドルーチェの公式HPを見る 2位
飲む女性育毛剤No.2ダブルインパクト

No.2 ダブルインパクト

カプサイシンとイソフラボンの同時摂取によって、IGF-1を増やして育毛を促進します。

ダブルインパクトの公式HPを見る 3位
飲む女性育毛剤No.3Hatto

No.3 Hatto

新成分MSMの力で育毛を促します。

Hattoの公式HPを見る
サイトマップ